IT用語

hostsファイルとは?

hostsファイルとは?

一言でいうと、IPとコンピューターのホスト名の関係を保持しているローカルのファイル。

IPとは、インターネットの世界では住所みたいなもの。

ホスト名とは、コンピューターの名前みたいなもの。

要はhostsファイルとはコンピューターの住所とコンピューター名の対比表。

ホスト名を指定すると、hostsファイルを元にIPを特定し、そのコンピューターの

上記を読んでも分からない場合

私の説明が下手なだけだと思いますが、ひょっとすると

ローカルファイル、ホスト名、IPについての理解が必要かも。

ホスト名について解説記事を書いてみましたので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

もう少し深堀して知りたい人へ

名前解決

今回のように、ホスト名をもとにIPを特定することを名前解決と呼んでいます。

今回はhostsファイルでIPを特定しましたが、通常はDNSサーバーというのを利用してIPを特定するのが主流です。

言い方を変えれば、hostsファイルは名前解決の手段の一つといえます。

どの方法で名前解決をするかはOSによって決まります。

(後日解説予定)

hostsファイルはどこに格納されているの?何が書かれているの?

以下の通りです

Windowsの場合

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

Linuxの場合

/etc/hosts

中身をみてみると、こんな感じになってます。

SVNTESTというホストにつなごうとすると、hostsファイルを参照し、「111.222.333.444」というIPへ接続しにいきます。

IPとホスト名の対比表になっていることが分かると思います。

ちなみに先頭が「#」となっている行はコメント行のため、無効な行となります。

(コメントとは?解説予定)