eclipse

DevLoaderとは?どんな役割?エンジニアとして押さえておきたいポイントは?

困っていた状況

Eclipse 3.7 Indigo(pleiades)でフレームワークでStrtusを使うことになりましたが、

EclipseからTomcatを立ち上げてみて、Devloaderというものが必要なことがわかってきたけど、どんな役割を果たしているのかわからなかったので、自分なりにまとめてみました。

先に結論から

先に結論から言いますと、DevLoaderとは

EclipseからTomcatを立ち上げる際にjavaのクラスファイルをロードするためのもの。

です

詳細(Devloaderの役割は?)

通常のWebアプリケーションはフレームワークや多数のクラスファイルが土台となって動きます。

そのため、TomcatにJavaのフレームワークなどの?クラスファイルをロードしてあげる必要があります。

※そもそもTomcatってフレームワークって何?何だっけ?忘れたわ?

って方は最初にTomcatなどを抑えておく必要があります。
この際簡単なんで覚えちゃいましょう!

プログラミング学習で単純なプログラムを作る以外は、Tomcatを立ち上げるだけではまず何も作れないと言っても良いでしょう。

EclipseからTomcatを立ち上げる場合も例外ではなく、Tomcatにクラスファイルをロードしてあげる必要があります。
 
そこで登場するのがDevloaderというものになります。

このDevloaderをTomcatを立ち上げた時に同時に起動すればDevloaderがTomcatへ必要なクラスファイルをロードしてくれます。

どうやって設定する

こちらは参考記事があるので、そちらに譲ります。

Webアプリケーション開発を支援するプラグイン

簡単に解説しておきますと、Eclipse 3.7 Indigo(pleiades)の場合は

Eclipseに

  • Tomcatプロジェクトである
  • 開発用クラスローダーを有効にする

というチェックボックスがあるはずなのでそれをONにして、

Eclipse 3.7 Indigo(pleiades)に同梱されている

eclipse\dropins\TomcatLauncher\eclipse\plugins\com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.3.0

「DevLoader.zip」

というのがあるので、

それを「DevLoader.jar」に変更して

TOMCAT_HOME/server/libにセットしてあげれば良いらしいです。

DevLoaderは有名なのか?

このDevloader

JAVAプログラマー界隈では一般的な話しかといいますと

一般的ではないと思います。

といいますか、2022/2/19、当ブログ執筆時点は

Eclipse2021(pleiades)は

Devloaderはありませんでした。

おそらくDevloaderを使わなくてもTomatを立ち上げることができるようになったのではないかと思います。

今後、新技術が発展していく中で、使われることはないと思いますので、Devloaderと言う単語は忘れて良いかと思います。

ただ、JavaとTomcatを扱う際は、

TomcatはJavaのクラスファイルをロードする必要がある

というイメージを持っておくとDevloaderなんていう言葉に惑わされずに

良いエンジニアライフが送れるのではないかなと思っております。

関連記事