eclipse

Eclipseワークスペース デフォルトで出てくる確認画面について

この確認画面は何?

Eclipseを起動したときに出てくる、以下の画面の説明です。

ecclipseのワークスペースの切り替え画面

そもそもワークスペースとは?

まずはワークスペースの説明から。

ワークスペースとは

プログラムやライブラリの場所、Tomcatの起動などなど(数えたらキリがない)、様々な設定情報を格納しておく場所です。

ワークスペースとしてのディレクトリー選択とは?

話を元に戻すと、上記画面には「ワークスペースとしてのディレクトリー選択」とあるので、これを切り替えると、ワークスペース(設定情報)が切り替わると同時に、ワークスペースが格納されている場所(ディレクトリー)が切り替わります。

どういうときに役に立つの?

複数の設定を保持しておきたいとき。

です。(そのままじゃん)


業務で使うとしたら

・複数の仕事を掛け持ちしている人。
 →仕事ごとにEclipseの設定が異なるのでいつでも仕掛かれるようにワークスペースを分けておく

・保守をしている人。
 →それぞれ開発機、検証機、本番機の設定情報やプログラムソースの状態が異なるのですぐに切り替えられるようにしておく

などが挙げられます。

初心者の人はまず気にしなくて良い

初心者の人は気にしなくて良いと思います。

初心者で注意してほしいのは、

ワークスペースの切り替え画面で手が滑って文字を入力してしまい

新規ワークスペースを作成してしまい

「作ったプログラムが消えました!」

なんて、勘違いしてしまわないようにすることだと思います。

例えば、元々「workspace」だったのが手が滑って「wokspacetttt」という値が入力されてしまうと

新規のワークスペースが作成されてしまい、空の状態で表示されてしまう・・・

一つのワークスペースしか使わないのであれば

当分、1つのワークスペースしか使わないのであれば、

「この選択をデフォルトとして使用し、今後この質問を表示しない」

を選択すれば出てこなくなります。(また出すことも可能)

関連記事