Java

web.xmlとは何か?javaのwebアプリ開発において重要?

web.xmlとは何か?

javaで作成されたwebアプリケーションのフレームワークを勉強している際に

web.xml

なるものがいきなり登場しました。

わからなかったので、調べて自分の言葉で簡単にまとめてみました。

概要レベルでまとめたので1~2分で読めると思います。

web.xmlとは?

一言で言ってしまうと

ブラウザに入力したURLと実行したいjavaを紐づける設定ファイル

です。

当然javaのWebアプリケーションはjavaだけでは成り立ちません。

Webアプリケーションというからには当然、ブラウザからURLを入力する必要があります。

そのURLとjavaの紐づけを設定しているのがweb.xmlなのです。

web.xmlは必須か?

前述の説明の通りだと

javaでwebアプリケーション作るときは必ずweb.xmlが必要なんだな。

と思うかもしれませんが

必ずしもそうではありません。

他にもURLとjavaを紐づける方法があり、

その技術をアノテーションと呼びます。

本筋からずれるので、ここでは詳細な解説は省略します。

以下サイトを参考にしてください。

実際のコードのイメージ

実際のweb.xmlのコードのイメージについては他のサイトで詳しく解説してあるので、そちらを参考にしてください。

このサイトが一番わかりやすかったです。

豆知識『xml≒設定ファイル』

今回、webアプリケーション開発を勉強しているときに「web.xml」が登場して戸惑ってしまったため、記事としてまとめました。

よくよく考えれば、tomcatやjavaにおける『xml』ファイルの扱いは『設定ファイル』であることがほとんどなので、拡張子がxmlファイルが登場した段階で

『設定のためのXMLファイルなんだな』

と思うようにすれば

今後、得体のしれない(?)XMLファイルが登場しても、戸惑うことなくwebアプリケーション開発ライフを楽しめると思いました。

 参考書籍

関連記事