バージョン管理システム

サブバージョン(Subversion)って何?~概要解説~

サブバージョン(Subversion)って何?

システムエンジニア、プログラマーの現場で聞いたことがある人が多いと思いますが、サブバージョンについて要点のみ解説します。

サブバージョンとはバージョン管理システムの1つ

サブバージョンとはバージョン管理システムの一つです。
英語でSubversionなので、略してSVN(エス・ブイ・エヌ)とも呼ばれています。

じゃあバージョン管理システムとは何か?というと

その名の通り、

資産(ソースコードなど)のバージョンを管理するシステムです。

例えば、ある時点のソースコードの状態を記憶しておき、例えば、

「前のバージョンに戻したい」

と思ったときに、戻したりすることができます。

また、複数人でプログラムを修正する際、バージョン管理システムで管理していれば、勝手にプログラムが修正されたり、削除されたりするリスクを防げます。(でも、完全には防げません)

なので、これで管理しないと、もしプログラムに不具合があって、前のバージョンに戻したい!なんて言った場合に戻せなくなったり、
勝手に誰かにプログラムを修正されたり、消されたりすることがあります。

会社でプログラマーとして働いている場合、プログラムというのは会社で管理している資産です。それがもし、消えちゃったり元に戻せなくなったりしたら損害賠償モノです。

考えただけで恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

他のバージョン管理システムって何があるの?

SVNはバージョン管理システムのうちの1つ・・・ということは他にもバージョン管理システムはあるの?

あります。

CSV、GITなどがあります。

CSVは昔からあるバージョン管理システムで、元々、CSVを使いやすくしたのがSubversionらしいです。

GITは最近流行っているバージョン管理システム。Subversionとの違いは、GITはローカルでのコミットが可能とのこと。

まだまだ種類はあるので、興味がある人はWikipediaなどで探してください。

個人開発
ヨーセツ
プログラミング関係の会社に入社してから10年くらいはマイナーな言語の開発者でしたが、2016年からスキルチェンジし、JavaやOracleなどに携われるように。今まで使っていなかったIT基礎知識も再勉強中。 Androidアプリも作りながら個人開発者の道を目指しています。 最近、作ったワーキングメモリーを鍛えるアプリです。